太るプロテイン

太るプロテインさがしのブログです。ウエイトアップ効果の高い太れるものを探してます。以前は太る方法さがしの体重増加方法のブログでしたが、やはりホエイプロテインが一番のようです。
  • <<
  • 1
  • 2 
  • 3 
  • 4 
  • >>

痩せすぎ対策と太りすぎ対策

子供の肥満児化が欧米などでは深刻な問題になっているようですが、太りすぎの子供を是正しようとすれば、拒食症の問題もでてきたりして結構大変なようなんです。

子供に対する肥満対策は世界的な傾向で、特に欧米などでは深刻なもんだいとなっているらしいです。

以前にも、アメリカの子供たちがジャンクフードのCMによって悪い影響を与えられているという記事なんかもありましたが、肥満対策の費用も国家レベルで大きな出費となっているようです。肥満とCMの関係

かと思えば、ミラノのモデル拒食症などのように、拒食症に対するキャンペーンも熱をおびてきています。去年も、拒食症のモデルが死亡するという事例もあり、こちらのほうも子供たちにとってかなり危険な問題となってきているようです。拒食症と痩せすぎキャンペーン

そのせいか、モード界では、モデルに年齢制限なんかも加えだしたりしているようです。

結局、子供たちの痩せすぎ対策と太りすぎ対策はどちらを優先させるべきなんでしょうか。おそらく、数の面でいえば、圧倒的に肥満児の方がおおいんじゃないかと思います。

この傾向は先進国に限れば年々増加傾向にあるらしく、それに伴う様々な悪影響も出てきているもようです。


けれども、痩せすぎ対策と太りすぎ対策、どちらが深刻かといえば痩せすぎ拒食症の方が圧倒的に危険きわまる問題のようです。

死亡率も拒食症の場合かなりたかいらしく、それは、拒食症になってしまったら体の抵抗力が弱まり、さまざまな病気に感染する可能性が高くなってしまうからだということのようです。拒食症は神経性無食欲症

子供に太るのはよくないといえば拒食症につながりかねないし、逆に痩せるのはよくないといえば肥満児が増えちゃったりして、難しい問題のようです。

牛乳を飲むと太る?

牛乳を飲むと太れるかというと答えはどうやらノーらしいです。なんでも、牛乳1本(200ml)のエネルギーは138kcalらしいですが、これは20歳代女性に必要な1日のエネルギーの約8%にすぎず、残念ながら牛乳を飲んだとしても太ることはできないらしいです。

最近、メラトニンを含んだ一本5千円の牛乳が発売されたようですが、牛乳の効果はストレス解消や、骨を丈夫にしたり、美容方面に重点があるようです。メラトニン牛乳

牛乳と太る方法の関係でいえば、おそらくは、筋力トレーニングとの組み合わせで太れるものと思います。筋肉をつけるにはたんぱく質が必要ですが、牛乳にはたんぱく質多く含まれているので筋肉増強にはもってこいです。

牛乳単体では太ることはできないものの、筋力トレーニングと組み合わせれば、牛乳もおそらく太ることにもおおいに貢献してくれるかと思います。

さらに、牛乳にホエイプロテインなんかをとかして飲むと最強ではないかと思います。

骨も丈夫になって、筋肉にもよく、さらには精神的にもイライラを解消してくれる牛乳は毎日飲むといいです。

拒食症モデルの体重

拒食症のモデルのカーロさんの記事がありましたが、あの女性の体重は身長165センチに対して31キロということだったみたいです。

拒食症モデルの広告はミラノコレクションの開催されているイタリアで新聞紙面や広告掲示板に掲載されたましたが、この拒食症のフランス人モデルを起用したのは服飾ブランド「Fash&Partners」というところのようです。

この広告には「No Anorexia(NO拒食症)」と書かれており、イタリア人写真家オリビエーロ・トスカーニ氏が撮影しているようです。

今回、トスカーニ氏が拒食症モデルを起用した理由として、拒食症の現実を人々に示すため裸の写真を用いたとのことのようです。

トスカーニ氏は1992年、ベネトンの広告キャンペーンで死期の迫る男性エイズ患者を撮影するなどけっこう物議をかもしている人物のようです。

拒食症のやせすぎのモデルをめぐっては、スペインで昨年行われたマドリード・ファッション・ウイークでBMI(肥満度)が18を下回るのモデルの起用が禁止され、大きな注目を浴びたりしていたようです。

妊娠中の運動と流産の可能性

女性が妊娠初期に激しい運動をすると、運動をしなかった場合に比べ流産する危険性が3.7倍に高まるという研究結果がデンマークで発表されたみたいです。

妊娠中の運動に関するこのサザン・デンマーク大の研究チームが、妊娠中の女性9万2671人を対象に今回の研究を行ったもののようです。

この研究によると、妊娠中の最初の3か月にジョギングやラケットボールのような激しい衝撃を伴う運動をしたり、少なくとも週7時間激しい運動をする場合に、流産の可能性は最も高くなるみたいです。

けれども、妊娠18週目を越えると運動による流産の危険性はほとんどなくなるようです。

また、水泳はよさそうな気もしますが、妊娠のあらゆる時期を通じて、水泳をする女性が流産する危険性はそうでない場合とほとんど変わらないという結果も出たみたいです。

かといって妊娠中の女性が軽い運動をすることに必ずしも否定的なわけではなく、結果の解釈には慎重さが必要だという注釈がつけられているみたいです。

研究チームは、今回の研究結果に基づき、妊娠中の女性の運動ガイドラインの見直しが必要だと主張していますが、米国、英国およびデンマークなどを含むほぼ全ての国で、現在は妊娠中も通常と変わらない身体運動が奨励されているようです。

ハーバード大の医学部カロリー研究

ハーバード大の医学部研究で「栄養分は減らさずに摂取するカロリーだけを大幅に減らすと生物が長生きする」という研究があったようなんですけど、このほど、その謎が解き明かされたみたいです。

なんでも食餌制限と長寿に相関関係があるのは「摂取カロリーが減る」というストレスに分子レベルの反応がおこり、これにより重要な細胞機能が維持され、身体が加齢に伴う病気に抗するのを助けるからだそうです。

生き物がカロリー摂取量を減らすとミトコンドリアが強化されて、加齢とともに生じる病気を避けることができて長生きできるようなんです

つまり、ハーバード大医学部の研究によるとカロリー摂取量を減らすとミトコンドリアが強化され、加齢とともに生じる病気を避けることができることになるようです。

これまでも健康維持にミトコンドリアが重要であることはわかっていたものの、今回の研究で細胞の燃料庫ともいえるミトコンドリアが細胞の生命に決定的であることが改めて証明されたかたちとなったみたいです。