太るプロテイン

太るプロテインさがしのブログです。ウエイトアップ効果の高い太れるものを探してます。以前は太る方法さがしの体重増加方法のブログでしたが、やはりホエイプロテインが一番のようです。
  • <<
  • 1 
  • 2 
  • 3
  • 4 
  • >>

痩せすぎ女性と拒食症

最近話題になっている痩せすぎの女性や拒食症の問題に取り組むキャンペーンが話題になっているようです。

写真家のオリビエーロ・トスカーニさんが開始したセンセーショナルなビジュアル広告「やせすぎ防止」キャンペーンに対して同国政府やファッション業界から賛否両論の声が巻き起こっているようです。

このキャンペーン広告は痩せすぎの女性の裸体の上に「やせすぎに“No”」というスローガンが描かれたもののようです。 痩せすぎ女性と健康

この広告は伊アパレル「NOLITA」がスポンサーとなり、08年春夏ミラノ・コレクションの最中である24日に全国紙レプブリカに見開きページで掲載されたり、イタリア全国の広告看板にも掲示されているということです。

この痩せすぎに対して国内から賛否の声があがっているようなんですが、「トスカーニの手腕は見事。実に効果的なキャンペーンだ」と語る人もいれば、このキャンペーンが悪意ある人々に悪用される可能性があることを指摘するひともいるみたいです。

この痩せすぎの女性や拒食症反対の広告に対するファッション界の反応はというと、ミラノのファッション業界はこの広告キャンペーンを肯定的に捉えているようです。

けれども、デザイナーのドメニコ・ドルチェとステファノ・ガッバーナは、「ついに真実が語られただけのこと。拒食症のまん延はファッション業界の責任ではなく、精神的な問題だ」と手厳しいコメントを寄せたりもしています。

一方、ジョルジオ・アルマーニさんは、ファッション・ショーの最後に「強烈なビジュアル広告を使ったこのキャンペーンは、絶妙のタイミングで開始された」とのコメントです。

痩せすぎの女性の写真モデル・カーロさんは「やせ過ぎ」の実態についても語っているようです。

カーロさんは13歳の頃から拒食症に苦しんでいるみたいで、「やせすぎは全然美しくないし、死ぬ危険さえある」と話しています。

今回の写真のモデルになった理由は、若い女性たちにやせ過ぎることの危険性を分かってもらいたいとのことで、「若い女性たちが、ファッション誌に出てくるきれいな服やヘアスタイルの背後に、何が隠されているのかを考えるきっかけになってほしい」と拒食症の実態を語っています。

拒食症で痩せすぎだったカーロさんは15年以上にわたり、拒食症による体重減少が危険域に達するたびに入院を繰り返していたといいます。

現在は身長165センチに対し、体重はわずか32キロのようですが、この5年間で5キロ増え、写真の撮影当時からも2キロ増えているそうです。

痩せすぎ女性と健康

痩せすぎ女性の健康について考えてしまう記事がありました。痩せすぎや拒食症の問題は海外では社会問題になっているみたいです。

痩せすぎの女性や拒食症の女性は反痩せすぎキャンペーンが起こるほど欧米ではメジャーな問題になってきているようです。

このキャンペーンは主にモデル業界に対してのものらしいのですが、ファッション業界での拒食症はかなり深刻化してきているようです。

写真の方は結構衝撃的なものですけれども、その分インパクトのあるものなのでさまざまな波紋をなげかけているようです。

筋肉トレーニングと腕立て

筋肉のトレーニングをするうえで大切なのは力をためる感覚でやることだと思います。

特に腕立てなんかの場合、意識を体を持ち上げることにおくのではなく、支えながらおろすことに集中するといいと思います。

腕立てなどで筋肉を鍛えるとき、たいていの人は体を持ち上げることに集中しておろすときはおざなりになってしまうのではないでしょうか。

これはもったいないと思います。

上体を支えながらおろしていくときにも筋肉には負荷がかかりますが、重力にまかせてふっとおろしてしまうと筋肉に負荷がまったくかからなくなりあまり効果のない腕立てになってしまいます。

腕立てふせをする際は上体を持ち上げるときも、上体を下げるときも常に負荷がかかるように筋肉トレーニングをすれば筋肉によく効いて効率のよいトレーニングができるはずです。

筋肉によく効くトレーニング

筋肉に効かせるトレーニング方法はいろいろありますが、どれにも共通していえることは力を抜かない、逃がさないということです。

スクワットにしろ、ダンベルにしろ、ベンチブレスにしろ、腕立て腹筋にしろ全て力を逃がさないようにやるべきです。

筋肉への効き具合がちがってきますので、一瞬とめる感じでやることが大切です。

筋肉トレーニングと太る方法

筋肉トレーニングで体重を増やして太るということが、太る方法としてはけっこうメジャーな方法かと思います。

けれども、女性の間では筋力トレーニングでダイエットするという考えがあるようなんです。

筋肉トレーニングっていうのは体重増加のための太る方法なのか、やせる方法なのかどっちなんだって感じです。

でも、おそらく、骨と皮だけの痩せている人は筋肉を太くして太ろうってことだと思いますし、太っている人は脂肪を燃焼させて痩せましょうよってことなんだと思います。

筋肉をトレーニングしたらなぜ痩せるのかというと、筋肉が大きくなることでエネルギーの消費量が増えるからというのが大方の見方のようです。

わたしもかなり筋肉質なんで、エネルギーの消費量が多く、入ってきた栄養を全部使っちゃうので太れないのかも思うときもあります。

痩せるにしても太るにしても、どの部分がっていうのはかなり体重にも影響するのではないでしょうか。

わたしは筋肉をトレーニングするときはいつも、腕から鍛えはじめていたんですけど、でも考えてみると腕って太ってもそんなに体重的にはかわんないようです。

一番筋肉を大きくしやすく太りやすいはずの太ももとか、おなかとかはもう最後の方のつかれかけててきたころにはじめるんで、おざなりになっちゃうことが多いです。

今度から筋肉トレーニングをするときは、順番をかえて太ももからきたえていく方法にかえてみようかなと思います。

肥満とCMの関係

短期間で太る方法として、映画女優さんがジャンクフードを毎日食べて激太りしたという記事を書きましたが、アメリカでは子供たちがジャンクフードによって肥満率が高くなっているそうです。

最近では子供たちの肥満はジャンクフードのテレビコマーシャルによる影響もあるのではないかというシカゴ大学の研究もあるようで、社会問題になりつつあるようです。

この研究によると食品のCMは、子供たちの食べ物の嗜好や選択、摂取や特定商品に対する購買意欲に大きな影響を与えるみたいです。

太る原因がテレビコマーシャルのせいとまではいってないようですが、かなり大きな影響があるようです。

子供たちは同じたべものでも、マックのロゴなんかがあるとおいしく感じちゃうみたいです。

ジャンクフードは体には悪いけれども、太れそうな感じはあるので最近は気になっています。