太るプロテイン

太るプロテインさがしのブログです。ウエイトアップ効果の高い太れるものを探してます。以前は太る方法さがしの体重増加方法のブログでしたが、やはりホエイプロテインが一番のようです。
  • <<
  • 1 
  • 2
  • >>

太ることは地球温暖化の原因に

最近話題の地球温暖化ですが、太る人が増えて肥満人口が増加すると地球温暖化が促進してしまうという研究結果がだされたようです。

この研究はロンドン大学の研究チームがおこなったものらしいのですが、太っている人はやせている人に比べ、移動のために多くの燃料が必要となったりより多くの食料を食べたりすることにより、地球温暖化に寄与していることになるらしいです。肥満人口の増加、地球温暖化に寄与=英研究(ロイター)

これはちょっと飛躍のしすぎじゃないかなとも思いますが、確かに太ると乗り物に頼るという傾向もでてくるかもしれないですし、食べ物もより多く消費することになるかもしれないです。

現在の地球上では少なくとも4億人が肥満となっているらしく、今後も2015年までに7億人が肥満になると予想されているようです。

地球温暖化対策のためにも、太っている人はダイエットをした方がいいのではないかなと思いますが、太りたいと思っている人にとってはうらやましい限りではないかなと思います。

睡眠不足は太る原因に

以前の睡眠時間と太ることとの関係性についての記事は、ヨーロッパの研究についてのものだったのですが、最近はアメリカでも同じような研究成果が発表されたようで、肥満と睡眠に関係性があるのは確かなようです。

このアメリカ・ハーバード大での研究は乳幼児を対象としたものらしく、1日の睡眠時間が12時間を下回る乳幼児は、十分な睡眠を取っている子に比べて肥満児となる確率が高いことが明らかになったようです。

さらに、子供の場合、テレビを見る時間が長い子ほどおやつに手をのばすことが多くなるようで、結果として肥満児となることが多い傾向にあるようです。

たぶん、これは大人の場合にもあてはまるのではないでしょうか。ダイエットをするなら、十分な睡眠をとって、テレビの視聴時間をへらすといいのかもしれないです。

「レプチン」と「グレリン」

そもそも、なぜ睡眠時間が不足すると肥満になるのかというと睡眠時間の不足によりグレリンというホルモンが増加するからのようです。

このグレリンは食欲を増大させる効果があるらしく、ついつい食べ過ぎてしまう結果となるようです。

逆に、食欲を抑えるホルモンにレプチンというのがあるようなんですけど、このレプチンは睡眠不足によって減少してしまうようです。

そのうち、ダイエット食品にもこのレプチン配合のものとかもでてくるのではないかなと思いますがどうなんでしょうか。

睡眠と太ることの関係性

十分な睡眠をとることで、太ることを防げる効果があるという研究が海外ではあるようです。

この肥満と睡眠の関連性については、生活習慣や暮らしに関する海外で人気のブログ「フルーディー」(Froodee)に掲載されていたものですが、ちまたではけっこう話題になっているようです。

In Dreamland, you can bid your fats goodbye

十分な睡眠が肥満を解消

このフルーディーの記事をよんでいると、肥満の原因としてまっさきにあげられるのはいつも食習慣や運動不足ですが、睡眠不足の肥満に対する影響が過小評価されているような気もしてきます。

グレリン」というホルモンは寝不足がつづくと増加するホルモンのようですが、この睡眠不足によって発生するグレリンは、人に空腹感を感じさせるようで、ついつい食べすぎの状態になってしまうようなんです。

逆に「レプチン」というホルモンは脂肪分を調整させる効果があるようで、ダイエットにはもってこいのホルモンなんだそうです。

フルーディーで紹介されているフランスの研究によると、「睡眠時間が短いと、食欲を抑えるレプチンが18パーセント減少し、食欲増進の原因となるグレリンが28パーセントも増加します」とのことなんで、グレリンが増えないように十分な睡眠をとったほうがダイエットにはいいようです。

この研究で、睡眠不足は食欲を23ー24パーセント増やし、1日あたり350ー500キロカロリーの余分な摂取にもつながることが明らかになったようで、ちゃんと眠らないとおデブになっちゃうんで、気をつけた方がいいようです。

プロテインダイエット

プロテインは太るためのものとばかり思っていた私ですが、減量するためのプロテインもあるようです。最近よく耳にするプロテインダイエット

太るためのプロテインをウエイトアップ型のプロテインとすれば、プロテインダイエットは減量型のウエイトダウン・プロテインといえるかもしれません。

痩せる減量型のプロテインとは?

このプロテインダイエットですが、その仕組みはどうやら「通常の食事をプロテインで置き換えることで減量を達成しよう」ということのようです。

プロテインには良質なたんぱく質が豊富にふくまれていますが、プロテインダイエットのプロテインの場合は少し成分がちがうらしく、食事のかわりにしても栄養分が不足しないようにさまざまな栄養素が多くふくまれているようです。

通常の食事だとついついカロリーが多くなってしまうこともありますが、通常の食事をプロテインにおきかえることによってカロリー摂取の過剰をふせぐことができるようです。その結果として健康的に減量することができるという仕組みのようです。

プロテインの摂取回数

このプロテインダイエットはすべての食事をプロテインに置き換えるというわけではなく、1日の1食分もしくは2食分の食事をプロテインに置き換えるという方法のようです。

朝と昼は通常の食事をして晩ごはんをプロテインでおきかえるというような感じのようです。

このブログは太るプロテインについてのブログですので減量型の痩せるダイエット・プロテインは関係のないことですが、今までちょっと疑問だったので調べてみました。プロテインダイエットは健康にいいか?