太りすぎ対策にEUが野菜や果物配布

欧米諸国では子供の肥満が問題になっていますが、EUでは社会的な対策として無料で野菜や果物を配布してなんとか子供たちの食生活を改善させようとしているみたいです。

けれども、子供たちの肥満対策に力をいれすぎたら拒食症を助長するおそれもありますし、かといって何の対策もしなければ国家的な費用が膨大なものとなっていくというなかでのしぶしぶの決断だったのではないかなと思います。

痩せすぎ対策と太りすぎ対策

子供たちの肥満の原因は野菜や果物といった食べ物からジャンクフード主体の食生活へ変わったということがどうやら大きな原因とEUはみているようです。

それを受けての今回の野菜や果物の無料配布ということのようですが、原料や燃料が高騰しているなか大胆な政策を打ち出したもようです。

日本はあまり肥満がどうのといったことは聞いていませんが、今後、食生活がジャンクフード中心になっていくと、肥満の割合が増加するということもありえるかもしれません。