短期間で太る方法

短期間で太る方法は太ることを仕事にしている人のマネをすればある程度体重もふえるのではないかと思います。

太ることのプロといえばおすもうさんですが、他にも太れるか太れないかで収入が何十億円も違ってくる人も世の中にはいるようです。

それは太っている役を演じなければならない映画俳優や女優のことなんですが、おそらくそういう人の太る方法をマネすればいいのではないかなと思います。

たぶん、映画制作会社は専門家などをいっぱい集めて太るためにはどうすればいいかと大金をかけて調べるはずです。

ところが、そうやってお金をかけてあつめたノウハウをいとも簡単に映画パンフレットや映画雑誌、サイトに公開しちゃってるようです。

こういうのは参考にするべきだと思います。

例えば、トムクルーズの映画にエージェントっていうのがありますが、トムクルーズの相手役としてレニーなんとかっていう女優が出演していました。

あんまり普通すぎる女優で名前も忘れてしまうほど、普通の女性なんです。

その女優さんは映画「エージェント」では普通の体型だったのですが、そのあとの「ブリジットジョーンズの日記」では太った役柄の女性を演じなければならなくなったそうなんです。

その女優さんはなんだかんだで役作りのために激太りに成功したようなんですけど、その彼女の太る方法はとにかく食べるということだったようです。

太るためのメニューっていうのがあるらしく、6週間という短期間だったようですが、毎日食べ続けたら10キロ以上太ったということのようです。

6週間というとひと月半でしょうか。ひと月半で10キロはかなりなものだと思います。

その太るメニューですが、ほとんどがジャンクフードだったらしく、ピザとかフライドポテトとか、ピーナッツバターとか、ドーナツ数十個とかそんな感じだったようです。

結局、それでアカデミー賞をとれたようなんですけど、やはり、太る方法といってもとにかく食べるしかないのかなって思います。