痩せすぎ対策と太りすぎ対策

子供の肥満児化が欧米などでは深刻な問題になっているようですが、太りすぎの子供を是正しようとすれば、拒食症の問題もでてきたりして結構大変なようなんです。

子供に対する肥満対策は世界的な傾向で、特に欧米などでは深刻なもんだいとなっているらしいです。

以前にも、アメリカの子供たちがジャンクフードのCMによって悪い影響を与えられているという記事なんかもありましたが、肥満対策の費用も国家レベルで大きな出費となっているようです。肥満とCMの関係

かと思えば、ミラノのモデル拒食症などのように、拒食症に対するキャンペーンも熱をおびてきています。去年も、拒食症のモデルが死亡するという事例もあり、こちらのほうも子供たちにとってかなり危険な問題となってきているようです。拒食症と痩せすぎキャンペーン

そのせいか、モード界では、モデルに年齢制限なんかも加えだしたりしているようです。

結局、子供たちの痩せすぎ対策と太りすぎ対策はどちらを優先させるべきなんでしょうか。おそらく、数の面でいえば、圧倒的に肥満児の方がおおいんじゃないかと思います。

この傾向は先進国に限れば年々増加傾向にあるらしく、それに伴う様々な悪影響も出てきているもようです。


けれども、痩せすぎ対策と太りすぎ対策、どちらが深刻かといえば痩せすぎ拒食症の方が圧倒的に危険きわまる問題のようです。

死亡率も拒食症の場合かなりたかいらしく、それは、拒食症になってしまったら体の抵抗力が弱まり、さまざまな病気に感染する可能性が高くなってしまうからだということのようです。拒食症は神経性無食欲症

子供に太るのはよくないといえば拒食症につながりかねないし、逆に痩せるのはよくないといえば肥満児が増えちゃったりして、難しい問題のようです。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。