拒食症モデルの問題

拒食症モデルの問題。太るプロテインさがしのブログです。ウエイトアップ効果の高い太れるものを探してます。以前は太る方法さがしの体重増加方法のブログでしたが、やはりホエイプロテインが一番のようです。

太るプロテイン / 拒食症モデルの問題
  • <<
  • 1
  • 2 
  • 3 
  • 4 
  • 5 
  • >>

アンジェリーナ・ジョリーやせすぎ

美しいプロポーションを誇っていたはずのアンジェリーナ・ジョリーさんが、最近は少々やせすぎて家族や友人たちを心配させているようです。
アンジェリーナ・ジョリーがやせすぎ

最近、アンジェリーナ・ジョリーさんはやせすぎた姿でトロント国際映画祭に登場したり、極端に細い足にヒールを履いている姿がニューヨークで目撃されたりと周囲を心配させているようです。

なんでもアンジェリーナ・ジョリーさんは今年はじめに母親をなくされたようでショックをまだ引きずっているもようです。アンジェリーナ・ジョリーさんのコメントは「子供が4人いて、授乳もしたのよ。自分の分の栄養を取り戻すのは大変だわ」とのことです。

鍛えすぎなのでは?という噂にも「フィットネス狂いになったことは一度もないわ。好きなものを食べられて幸せよ」と語っているそうです。

アンジェリーナ・ジョリーさんといえば、プラッドピットとの交際も噂されていましたが、ブラットピットは奥さんとわかれてアンジェリーナ・ジョリーさんと交際したとかしないとかって話です。

子供がいるということはもう結婚したんでしょうか、とにかく、鍛えすぎて痩せてしまう人もいるようです。筋力トレーニングで太ったりやせたり、何かと難しいものです。

痩せすぎ対策と太りすぎ対策

子供の肥満児化が欧米などでは深刻な問題になっているようですが、太りすぎの子供を是正しようとすれば、拒食症の問題もでてきたりして結構大変なようなんです。

子供に対する肥満対策は世界的な傾向で、特に欧米などでは深刻なもんだいとなっているらしいです。

以前にも、アメリカの子供たちがジャンクフードのCMによって悪い影響を与えられているという記事なんかもありましたが、肥満対策の費用も国家レベルで大きな出費となっているようです。肥満とCMの関係

かと思えば、ミラノのモデル拒食症などのように、拒食症に対するキャンペーンも熱をおびてきています。去年も、拒食症のモデルが死亡するという事例もあり、こちらのほうも子供たちにとってかなり危険な問題となってきているようです。拒食症と痩せすぎキャンペーン

そのせいか、モード界では、モデルに年齢制限なんかも加えだしたりしているようです。

結局、子供たちの痩せすぎ対策と太りすぎ対策はどちらを優先させるべきなんでしょうか。おそらく、数の面でいえば、圧倒的に肥満児の方がおおいんじゃないかと思います。

この傾向は先進国に限れば年々増加傾向にあるらしく、それに伴う様々な悪影響も出てきているもようです。


けれども、痩せすぎ対策と太りすぎ対策、どちらが深刻かといえば痩せすぎ拒食症の方が圧倒的に危険きわまる問題のようです。

死亡率も拒食症の場合かなりたかいらしく、それは、拒食症になってしまったら体の抵抗力が弱まり、さまざまな病気に感染する可能性が高くなってしまうからだということのようです。拒食症は神経性無食欲症

子供に太るのはよくないといえば拒食症につながりかねないし、逆に痩せるのはよくないといえば肥満児が増えちゃったりして、難しい問題のようです。

拒食症モデルの体重

拒食症のモデルのカーロさんの記事がありましたが、あの女性の体重は身長165センチに対して31キロということだったみたいです。

拒食症モデルの広告はミラノコレクションの開催されているイタリアで新聞紙面や広告掲示板に掲載されたましたが、この拒食症のフランス人モデルを起用したのは服飾ブランド「Fash&Partners」というところのようです。

この広告には「No Anorexia(NO拒食症)」と書かれており、イタリア人写真家オリビエーロ・トスカーニ氏が撮影しているようです。

今回、トスカーニ氏が拒食症モデルを起用した理由として、拒食症の現実を人々に示すため裸の写真を用いたとのことのようです。

トスカーニ氏は1992年、ベネトンの広告キャンペーンで死期の迫る男性エイズ患者を撮影するなどけっこう物議をかもしている人物のようです。

拒食症のやせすぎのモデルをめぐっては、スペインで昨年行われたマドリード・ファッション・ウイークでBMI(肥満度)が18を下回るのモデルの起用が禁止され、大きな注目を浴びたりしていたようです。