医療機関の研究

医療機関の研究。太るプロテインさがしのブログです。ウエイトアップ効果の高い太れるものを探してます。以前は太る方法さがしの体重増加方法のブログでしたが、やはりホエイプロテインが一番のようです。

太るプロテイン / 医療機関の研究
  • <<
  • 1 
  • 2 
  • 3
  • 4 
  • 5 
  • 6 
  • >>

睡眠と太ることの関係性

十分な睡眠をとることで、太ることを防げる効果があるという研究が海外ではあるようです。

この肥満と睡眠の関連性については、生活習慣や暮らしに関する海外で人気のブログ「フルーディー」(Froodee)に掲載されていたものですが、ちまたではけっこう話題になっているようです。

In Dreamland, you can bid your fats goodbye

十分な睡眠が肥満を解消

このフルーディーの記事をよんでいると、肥満の原因としてまっさきにあげられるのはいつも食習慣や運動不足ですが、睡眠不足の肥満に対する影響が過小評価されているような気もしてきます。

グレリン」というホルモンは寝不足がつづくと増加するホルモンのようですが、この睡眠不足によって発生するグレリンは、人に空腹感を感じさせるようで、ついつい食べすぎの状態になってしまうようなんです。

逆に「レプチン」というホルモンは脂肪分を調整させる効果があるようで、ダイエットにはもってこいのホルモンなんだそうです。

フルーディーで紹介されているフランスの研究によると、「睡眠時間が短いと、食欲を抑えるレプチンが18パーセント減少し、食欲増進の原因となるグレリンが28パーセントも増加します」とのことなんで、グレリンが増えないように十分な睡眠をとったほうがダイエットにはいいようです。

この研究で、睡眠不足は食欲を23ー24パーセント増やし、1日あたり350ー500キロカロリーの余分な摂取にもつながることが明らかになったようで、ちゃんと眠らないとおデブになっちゃうんで、気をつけた方がいいようです。

肥満と伝染の関係

以前に肥満は友人関係で伝染するというハーバード大の研究についての記事を書いたのですが、そのときはいまいちなぜ人間関係で肥満が伝染するのかわからないままでした。ハーバード大学「肥満は友人関係で伝染」

今日、ちょっとテレビをみていたのですが、たまたまその肥満と伝染のことが取り上げられていて、肥満が人間関係で伝染する理由についてわかったような気がします。

その理由ですが、おそらくは「親しい友人が太ると太ることへの罪悪感が弱まり、自分も太ってしまうということ」がその理由のようです。

わたしは、肥満が人間関係で伝染するのなら、太りだした友人をもてば自分も太りだすのかなと思っていました。

けれども、これは「太りたいと思っている人には太ることへの罪悪感がない」と思うのでおそらくはあてはまらないのだろうと思います。

ちょっと残念な気もしますが、疑問がとけたようでなんとなくすっきりしました。太るというと体の問題だけが関係しているように思えますが、心にも密接に関係してくるようです。

太るのは環境のせい?

太る原因については人間関係が肥満に影響するという研究がありましたが、イギリスのシンクタンクでは「肥満環境」というのが太る原因として研究されているようです。

肥満環境とは「高カロリーの食生活、自動車による移動、デスクワーク中心のあまり運動しない生活様式」のことで、こういった環境で生活していることが原因で太っていくとこの研究は結論付けているようです。

つまりは運動不足といったことだと思います。それにしても、このおばさんのおしりはすごいです。欧米ではこういうおばさんが多いようです。

イギリスでは現在の傾向が続けば、15年後には86%の男性が、20年後には70%の女性が太りすぎと診断され、さらに25年後には英国人の半分が病的な肥満と診断されるというらしいです。

病的な肥満というのはメタボリックシンドロームのことなんだろうと思います。日本でもsize-JPN 2004-2006の調査結果が出ましたが、おそらくは特に男性でそういった肥満の傾向にむかっていると思います。あんまり便利すぎる環境もよくないようです。