医療機関の研究

医療機関の研究。太るプロテインさがしのブログです。ウエイトアップ効果の高い太れるものを探してます。以前は太る方法さがしの体重増加方法のブログでしたが、やはりホエイプロテインが一番のようです。

太るプロテイン / 医療機関の研究
  • <<
  • 1 
  • 2 
  • 3 
  • 4 
  • 5
  • 6 
  • >>

ハーバード大の医学部カロリー研究

ハーバード大の医学部研究で「栄養分は減らさずに摂取するカロリーだけを大幅に減らすと生物が長生きする」という研究があったようなんですけど、このほど、その謎が解き明かされたみたいです。

なんでも食餌制限と長寿に相関関係があるのは「摂取カロリーが減る」というストレスに分子レベルの反応がおこり、これにより重要な細胞機能が維持され、身体が加齢に伴う病気に抗するのを助けるからだそうです。

生き物がカロリー摂取量を減らすとミトコンドリアが強化されて、加齢とともに生じる病気を避けることができて長生きできるようなんです

つまり、ハーバード大医学部の研究によるとカロリー摂取量を減らすとミトコンドリアが強化され、加齢とともに生じる病気を避けることができることになるようです。

これまでも健康維持にミトコンドリアが重要であることはわかっていたものの、今回の研究で細胞の燃料庫ともいえるミトコンドリアが細胞の生命に決定的であることが改めて証明されたかたちとなったみたいです。

肥満とCMの関係

短期間で太る方法として、映画女優さんがジャンクフードを毎日食べて激太りしたという記事を書きましたが、アメリカでは子供たちがジャンクフードによって肥満率が高くなっているそうです。

最近では子供たちの肥満はジャンクフードのテレビコマーシャルによる影響もあるのではないかというシカゴ大学の研究もあるようで、社会問題になりつつあるようです。

この研究によると食品のCMは、子供たちの食べ物の嗜好や選択、摂取や特定商品に対する購買意欲に大きな影響を与えるみたいです。

太る原因がテレビコマーシャルのせいとまではいってないようですが、かなり大きな影響があるようです。

子供たちは同じたべものでも、マックのロゴなんかがあるとおいしく感じちゃうみたいです。

ジャンクフードは体には悪いけれども、太れそうな感じはあるので最近は気になっています。

体重増加と心筋梗塞

この太る方法のブログで、ニュースバーっていうのをつけてみました。

htmlの書き方がわかんないんで、とりあえずトップページ以外にはりつけてみました。タブで切り替えると肥満や痩せすぎに関する記事にとぶことができるみたいです。

その記事をながめているとリンクぎれがあったんですが、なんでも体重が10キロ以上増加してしまうと心筋梗塞の率が高くなってしまうという記事があって驚いちゃいました。

厚生労働省研究班(主任研究者・津金昌一郎国立がんセンター部長)の大規模疫学調査でわかったことみたいなんですけど、若い時やせていて、体重が10キロ以上増えた人は心筋梗塞になる確率が2倍になってしまうみたいです。

なんでも、体重を増やして太ってしまうと心臓に負担がかかってしまうみたいなんです。

けれども、太ったとしても適度に運動していればいいと思いますが、運動したらよけいに心臓に負担がかかってしまうような気もしますが、どうなんでしょうか。

目安として10キロ以上増やすことができた人はその後の健康診断なんかで特に心臓には気をくばっておいた方がいいようです。

体重を増やすことができた人でも、心筋梗塞などの病気には気をつけたいものです。