メタボリックシンドローム

メタボリックシンドローム。太るプロテインさがしのブログです。ウエイトアップ効果の高い太れるものを探してます。以前は太る方法さがしの体重増加方法のブログでしたが、やはりホエイプロテインが一番のようです。

太るプロテイン / メタボリックシンドローム
  • <<
  • 1 
  • 2 
  • 3
  • 4 
  • 5 
  • >>

健康政策のなかでの肥満の立場

生活習慣病の要因として、最も影響があるとされる喫煙、肥満、飲酒の三大要素ですが、このなかでどの要素が一番影響が大きいのかというのは、若干疑問のあるところです。

欧米では肥満の人が増加中ということのようで、メタボリックシンドロームが加速しているようですけど、日本でも太り気味の人が多くなっている傾向があるみたいです。

size-JPN 2004-2006の調査結果

これらの要因について、厚生労働省がいろいろと調べたようなんですが、結果としては「肥満の要素」はそれほどといった感じのみたいです。

喫煙・飲酒・肥満度の組み合わせとがん発生・循環器系疾患発症について

これは国の政策上の観点から、喫煙、肥満、飲酒の3つの要素のうち、どれを重点的にやればいいのかの効果をはかる目的もあるかと思うんですが、日本の場合は肥満を対象とした健康政策を進めても、少ししか病気の減少につながらないような結論となるようです。

けれども、肥満はでない人の方が生存率が高いのは確実のようなので、太っている人はやせた方が健康にいいことにはかわりありません。

喫煙、肥満、飲酒の3つの要因のうちで、改善する際の優先順位をつけるとしたら、まずは喫煙、肥満を改善して、その次あたりに肥満という順番がいいのではないかなと思います。

プロテインと青汁のサプリメント比較

サプリメントとしてはプロテインと青汁は若干似ているような気もしないではないです。

どちらも水に溶かして飲んだり、抹茶味にしてみたり、牛乳に溶かしてのんでみたりと意外に共通点もあったりです。

プロテインと青汁の違い

サプリメントとしてのプロテインと青汁の違いにはどういったものがあるのでしょうか。原料となるものや、期待されるサプリメント効果などを見てみたいと思います。

プロテインは動物性と植物性のサプリメント

プロテインと青汁の違いでいえば、植物性と動物性のサプリメントという違いがまずあるかと思います。

プロテインの場合では、牛乳のホエイから作られる動物性のホエイプロテインがメジャーになりつつありますが、大豆プロテインなどは植物性のものとなっています。

青汁は植物性のサプリメント

青汁の場合は生の葉を食するのにたくさんの量を食べなくてはいけないということから、それを汁にして飲むと簡単にたくさんの量を摂取することができるという利点がそもそもの始まりだと思います。

なので、青汁の場合は植物性のものしか存在しないはずです。

原料となる植物でいえば、キャベツに良く似たヨーロッパ原産のケールや大麦の穂が出てくる以前の大きな葉を使用する大麦若葉のもの、あるいは、さつまいもの葉やゴーヤのなども青汁の原料として使用されているようです。

青汁とプロテインの効果の違い

主に、プロテインのものはたんぱく質を摂取するという点から体の筋肉を作る際の栄養素となっています。

太りたいという人、体作りをしたい人にとってはプロテインが有効で、スポーツ選手でも愛用している人が多いです。

青汁の場合は、普段の食事に不足がちなミネラルやビタミンを摂取することを目的としているので、体作りというよりも、健康維持のために利用している人がほとんどです。

野菜を多く摂取することがメタボリック対策や病気防止の健康維持のためには欠かすことができませんが、いかんせん、緑のものをたくさん摂取するのは意外に難しいものです。

青汁の場合は、栄養素の豊富な大きめの葉から、汁を採取したものが使用されるため、量的にはコップ一杯程度でも、かなりの栄養素を含んでいるものです。

けれども、ケールや大麦若葉などの青汁の原料となるものは熱に弱い点や採取してからの栄養の減少など製品化するのに難しい点もあったりします。

専門の青汁会社の製品の場合は管理体制が徹底されているため、製造過程における栄養価の減少も最低限にとどめられ、健康にいいものが多いようです。

飲みやすいプロテインと青汁

プロテインも青汁もどちらもまずくて、飲みにくいというのが一般的なところです。

甘くして、飲みやすいものも多く出てきていますが、糖分によってはせっかくのビタミンが糖分の燃焼のために使用されてしまうので、できればまずいままの青汁やプロテインを摂取したいものです。

けれども、最近ではいろいろと工夫のされて飲みやすいプロテインや青汁が多くなってきています。

毎日つづけるためには、やはりおいしくなくては続かないものなので、いろいろと試してみて飲みやすいものを使用することをおすすめします。

歩行数と太ることの関係性

以前に睡眠不足の多い人は太る傾向にあるというような記事を書いていましたが、十分な睡眠をとることによって太ることを防げる効果も多少はあるようです。

睡眠と太ることの関係性

この太ることの関係性でいうと、睡眠のほかにも、日常生活での歩行数なんかも肥満とどうやら多少は関係しているようです。

都会人の人はよく歩くという傾向があるようですが、日常生活のなかで歩行数が多い人ほど肥満になる確率は少なくなるようなんです。

都会の人、よく歩き肥満少ない(朝日キッズ)

1日あたりの平均歩行数を男性と女性で比べると、男性で7525歩、女性で6662歩となっているらしく、さらに地域別で見ると神奈川や東京の人の方が歩行数が多い傾向にあるようです。

歩行数が少ない地域ほど肥満の人が多い傾向があるようなんですが、ちなみに歩行数ワースト1の県は高知県(男性:6173歩)ということらしく、おそらく肥満の方も多いのではないかなと思います。

実際に肥満の方が多い県としては沖縄がワースト1(肥満、沖縄全国一:琉球新報)というふうにいわれていますが、2位が北海道などいずれも地方の地域で自動車を利用しないと生活が不便な地域が多いようです。

そんなことを考えると、やっぱ歩行数の少ない人は太る傾向にあるのかなって気がします。